サロン・ド・ソラーレ


2020年7月4日(土)

皆様おはようございます。

昨夜は本当に激しい雨が降り続きました。お住まいの地域は大丈夫でしょうか?どうぞ十分に気をつけられますよう!!

 

さて私は縫物の合間にこんなことをして遊びました。

ちょうど大きさの良い牛乳瓶を使って、アクリル絵の具で思うがままに絵を描きました。

右側の絵は私のオリジナルのウォーキングバードと言って、野原を歩く鳥の親子の絵です。

大きな木の下をお母さんの後ろをついて、三兄弟がぺちゃくちゃとお喋りをしながら歩く様子を想像してみてください、楽しくなりませんか?

今はあちこちでカルガモの親子の話題が見かけられますが、本当に可愛いですよね。こんな平和な日々が早く戻るといいですね。ちなみに私はこれを花瓶として使います。

それでは皆様素敵な週末をお過ごしくださいね。


2020年7月3日(金)

今日はインナーバッグを作りました。

少し大きめのバッグの中は結構賑わっていて取り出したいものがなかなか見つからないことが多い。

そんな時このインナーバッグを真ん中に入れて置けば、自分の中でこれはすぐに取り出したいと思うものを、例えば財布や鍵、勿論スマホもOK、一目でわかりストレスゼロに!!

そしてこのインナーバッグの両脇などにハンカチやマスク、手帳など立てて入れるとあまり動かないから見つけやすい。

そんなこんなでこれって人気商品なんです。

着物の生地やちょっと素敵な布が余ったら作ります。


2020年7月2日(木)

この生地は私が好きな生地です。

明るいシルバーグレイでとても上品です。

同じ布で去年大きなかぼちゃバッグを作りました、その時はポケットにスワロフスキーで出来た犬のアップリケをしました。

今回は前面のポケットにお花の飾りをつけました。

少しアクセントをつけるだけでとてもお洒落になりました。

裏地と持ち手は少し濃いめのグレーで引き締めました。

夏の日のお出かけにどうかな?

 

この場をお借りしてお知らせですが、来週の8日9日はサロンはお休みさせて頂きます。

また10日からはいつも通りオープンしますのでお訪ねくださいね。


2020年7月1日(水)

昨日まで結構降りました。やっと今日は曇り空です。

青いひまわりのバッグを作り終えたので、今日は濃紺の刺し子風の生地を使ってトートバッグの大を作りました。

この生地は縦に細いラインが入っていてそれは織生地になっています。

模様は刺し子風でプリントです。もしこれが本当に刺し子ならとてもバッグには高価で作れないかもしれませんね。

 

濃紺なので刺し色は赤にしたくて、もちろん裏地も赤です。

大きさはWが38センチ、Hが29センチ、底のマチ幅が11センチです。

 


 

2020年6月28日(日)

青いひまわりの中と小が出来ました。

大きさを測ってきましたのでお知らせいたします

写真の右側が中の大きさです

口幅Wが34センチ、高さHが28センチ、底のマチ幅が10センチです。

写真左側の小は

口幅W30センチ、高さHが25センチ、底のマチ幅は10センチです

なお、口にはマグネットをつけています

しっかりした芯を張って作っていますので

この状態は中に何も入れないで普通に置いただけで自立しています

 

このバッグお買い上げの方には

青いひまわりのマスクをプレゼントいたします。

 

中の大きさのバッグ二つは売り切れました

 

 


2020年6月28日(日)

昨夜は一晩中雨が降っていました

庭の木々たちは黄砂も綺麗に洗われてそれは美しい緑になっています

しかし、元気なのは雑草も( ^ω^)・・・

 

やっと青いひまわりの生地を使ったかぼちゃバッグの小ができました

これはすでにご注文いただいている人のところに送付しました。

持ち手の色で悩みました。

何度も考えた末、この茄子紺を選びました。ちょうど線描きの色とマッチして

落ち着いた様子にホッとしています。

 

さあ今日からはトートバッグに取り掛かります。

生地を全部余すことなく裁断した結果、

中の大きさが2つ、小の物が2つで計4つのバッグが作れることになりました。

そのうちの中の一つは既にオーダーいただいてるので残りは

中の大きさが一つと小が二つになります。

予約を希望される方はお知らせいただけると嬉しいです。

 

それでは皆様、小ぬか雨を楽しんで今日一日をお過ごしくださいね。


2020年6月25日(木)

蒸し暑い一日でした。

今日作った3つのバッグは、亡くなられたお母様の形見分けの着物や帯からのリメイクです。これまでにもたくさん作らせて頂きましたが、今回も残った生地があればと言われ、帯地で二つ着物地で一つ作りました。

上のモスグリーンやブラウンなどが玉虫色に変化するのは帯でした。

しっかりと、凛としたとても素敵なバッグに変身しました。

左の下のブルー系も帯からのリメイクです。光沢があって上品なバッグが出来ました。

右下の物はお母様が普段に好んでお召しになっていたと思われる着物からのリメイク、作っていても何か話しかけたくなるような気がしました。

形見のお着物や帯からのリメイクは私のライフワークになろうとしています。

亡き人と一緒に過ごせる幸せを感じることが出来るなんて本当に素敵なことですね。


2020年6月24日(水)

暑いとは言え湿度が低くて風は爽やかです。

皆様いかがお過ごしでしょうか?

他県を超えての移動が解除され、少しずつ日常が戻ってきた気がしています。

出かけるときはスマホの次にマスクを忘れないように持つことも慣れてきました。

 

お陰様で落ち着いた日々を過ごす中、サロンをお訪ね下さる方が増え、楽しいおしゃべりの時間を過ごすことが多くなりました。

ここ数日に作ったバッグは小物も入れて7点

その中でもこのバッグはとても好きです。

大胆な筆致で描かれた、自分を思いっきりアピールしている花たちに

元気をもらいながら制作いたしました。

これもすでに私の手元にはありません、追加のオーダーを戴きましたが

残念なことにこの布はもう買うことが出来ませんでした。

また素敵な布と出会うことを楽しみにしています。

 

梅雨の合間の晴れ日は今日で終わりとか、皆様素敵な一日をお過ごしくださいね!!


2020年6月20日(土)

梅雨の合間の湿度が低い一日

風がとても気持ちが良い(*^。^*)

 

今回は「青いひまわり」と名付けたちょっと小ぶりのトートバッグ

前面に大きなポケットを付け、スマホもピタパやイコカもすぐに取り出せる

真夏の空に聳え立つ向日葵も、こうして青い色になるととても爽やか

 

このシリーズは大、中、小と大きさが三種類の展開になります。

貴女ならどの大きさが持ちたいですか?

これは小のサイズです。

 

続けて中サイズを作る予定です。

 

SOLD OUT

 

 


 2020年6月19日(金)

今年の梅雨はその名の通り、しとしとザーザーぽつぽつ・・・

色んな形の雨が降ってきます。私は結構雨も好きでこんな日は仕事がはかどります。

 

ご注文いただいて気になっていたバッグたちがやっと揃いました。ファスナー付きのトートバッグ、斜め掛けのちょっと大き目のショルダーバッグ、そして英字新聞のような生地でとのご希望で、肩にも掛けられるトートバッグ

ポーチとインナーバッグも添えて昨日宅配便で送りました。

 

どんな方かお電話の声しかわかりませんが、私の作ったバッグをもって颯爽とお元気で活躍されることを心から願います。


マスクについて考える

毎日夏日で暑い日が続きます。そんな日にマスクをして出かけるともう暑くてマスクの中を汗が流れる。

街中には「冷感」を謳ったマスクが出てきているようですが、本当に涼しいのでしょうか?

実際もうすぐ発売になるユニクロのエアリズムの布で作ったマスクが話題になっていますね。しかし、このマスクですら「真夏のご使用はお控えください」とあります。

そこで私が考えるのは、どんな素材であっても「暑い、蒸れる」!!そうであれば汗を吸収してくれるものが一番良いのではないでしょうか?幸いに「晒」と言う布は洗えば洗うほど柔らかくなり水分を吸収しやすくなります。汗を掻いたらそのマスクで汗をぬぐい、新しいマスクに取り換える。私は日に3枚のマスクを持ち歩いています。これでほぼ気持ちよく一日を過ごすことが出来ています。肌荒れもありません、時には涙も吸い取ってくれます。この夏はハンカチ代わりにマスクを使おう(*^。^*)


2020年6月17日(水)

ホームページの写真を見て「あんなショルダーバッグが欲しい」とご注文を頂き作りました。私たちの年齢はリュックサックとかショルダーバッグとか、とにかく手を空けておきたいと考えるようになります。そして出来れば軽いことも条件の一つですね。

そしてみなさんお財布が長財布とか大きい目、これはカード類が多いことも原因ですね。

だからあまり小さくてはダメなようで、それらを考えるとこのくらいの大きさが好まれるようです。

6月に入ってからこのようなショルダーバッグをもう5つほど作りました。

喜んでいただけて颯爽とお出かけできる日が来ること、それを待ち望んでいます。

 

SOLD OUT

  2020年6月12日(金)

真っ白なキャンバス地に鉛筆描きのようにぐうたらな猫たちが描かれている。

時々その猫たちと目が合う、「ごめんねここは切らないといけない」と謝りながらの作業です。

A4が入る大きさのトートバッグをご希望です。

底がしっかりと自立できるように別仕立てで仕上げています。

この手のバッグは出来ればファスナーでなくマグネットの仕上げにしたい、と言うのは

何度かひっくり返さないといけないからです。しっかりした生地であればあるほどに美しいままに仕上げたい。

狭い裏地の底から引っ張り出すときの気持ちはジレンマそのものだ。

ほんの少しだけ布が余ったので小さなポーチを作りました。

赤いファスナーでおしゃれをしました。

今日も楽しいバッグ作りの一日が終わりました。

6月10日(水)

梅雨入りと言いながらおかしな天気の一日でした。

雨が降って来たかと思えば太陽が顔を見せたり、しかし湿度は高く不愉快な空気でした。

昨日、遠くからサロンに来てくださったお客様がお気に入りの生地を持ってこられました。それがまた「猫」なんです、どうも私の周りには猫らーさん(こんな呼び方があるのかもわかりません)がたくさんおられるんですね。

マスクとトートバッグ、かぼちゃバッグなどオーダーしてくださいました。どれもとても素敵な生地で製作者としてはワクワクするものばかりでした。

その中でまずは色違いの生地でマスクを作りました。これはよく見るととても面白く、線描きでいろんな猫が描かれているのですが、よく見ると一匹だけ白い顔の猫がいるんです。この子をどのマスクにも登場させたいと考え布を裁つのに頭を使いました。

白い顔の猫は親分なんだろうか?それとも美形なのかな?など思考をめぐらすと楽しくなりました。こんなお仕事は本当に楽しい!!


猫好きなお客様がマスクやマスクケースを買いに来られて、お帰りになるときに「この生地でマスクお願いします」と言って白地に黒の猫と英文字のお洒落な生地を置いて帰られました。

私の創作意欲を刺激し、早速作ってみました。

案外面白くて個性的で素敵なマスクになりました。色んな表情の猫を顔の真ん中に来るように裁ち合わせ一人にやにや笑いながら縫い、ちょうど余った布で日ごろから大きな荷物を持たれない方なので、ハンカチとマスクくらい入れて歩かれるのに便利な小さな手提げを作りました。

楽しい時間を過ごせました。

昨日はちょっとシックな色合いだったので、今回は明るい元気が出る生地を選んでみました。

好みは本当に人それぞれで、私が今一つ納得がいかない出来上がりでも、そのバッグが大好きだと言ってくれる人もいる。そうかと思えば、私がお気に入りの生地でつくってこれはお勧め~~と思ったバッグが振り向いてもらえないこともある。

要するにその人と波長が合えばいいのだ、私は深く考えずに作ることにしよう。

 

2020年5月30日

2月頃から全くバッグを作る時間がなくて在庫は減るばかり、そろそろ何とかしなくてはとエンジンがかかりました。

まずはシックな色合いに緑色を差し色にして仕上げてみました。

 

この大きさはこれからの季節にはとても重宝します。

気温調節のための上着やストールなどなんでも入るのでどこかに置き忘れることがありません。

とにかくなんでもこのバッグが引き受けてくれますよ。

一度試しに持ってみませんか?

 

2020年5月29日

 

SOLD OUT

これからの夏に向けて涼やかな色と柄でトートバッグを作ってみました。

何か本当に久しぶりでバッグを作りました。

これは明日口布にファスナーをつける予定です。

この鳥のように自由に飛んで行けたらな~~と想いを馳せました。

 

2020年5月28日

やっと普通の日々が戻りました

今まで思い描いていたバッグを作りたくて

新しい布を購入しました。

今回は英国とスペインの布です、さてどんなバッグを作ろうか

考えていると気持ちが高揚してくるのが分かります

そうそう、昨日はマスクを購入してくださった人からショルダーバッグが欲しいとお聞きし、午後から思い切って一つ作りました。きれいなキャメルの布で・・・

もう少ししたらサロンもオープンしなくてはと考えています。

やっと普通に♬

2020年5月18日

激動の三週間が過ぎ

ようやく普通の時間が流れるようになりました

皆様の熱い思いを一身に受けて

ひたすらミシンに向かった日々は私にとって

とても幸せな時間になりました

ここからは今まで通り

ゆっくりのんびり好きなことをして過ごしたいと思います

勿論まだ当分の間はマスク作りをいたします

サロンもほぼ毎日オープンしていますので

お気軽にお訪ね下さい

時々休むかもしれませんがその時はごめんなさいです

オーダーも受けておりますのでご連絡くださいね

その他の手作り作品はいましばらくお休みいたします

世の中が落ち着きましたら

ぜひ二階の展示室を覗いてくださいね

その日が来ることを楽しみにしています

 

いつも温かい声援を有難うございます

お礼とお知らせ☆

2020年5月15日

 

4月28日のテレビ放映の後

毎日マスクを作り続けていました

やっとオーダーを頂いた方への配送が

90%完了いたしました

喜んでいただけたこと本当に嬉しくお礼を申し上げます

有難うございました

そこで

今度の日曜日5月17日

サロンで普通に販売をしたいと思います

しかし

県をまたぐ移動に関しましていまだ自粛をしなくてはなりません

どうかお近くの方だけにして頂きたくお願いいたします

遠くの方のオーダーも少しずつお受けいたしますので

ご連絡くだされば嬉しく思います

よろしくご理解のほどお願い申し上げます

2020年5月7日

昨日も遠くからサロンに来ていただきましたこと

心からお礼申し上げます

並んでいただくことのリスクを避け

整理券を出させていただきました

お陰様で無事に70枚を販売することが出来ました

ここからは材料の調達を見ながら

オーダーしていただいた人たちへの発送を

頑張ってこなしたいと思っています

まだかまだかとお待ちの皆様

随時準備が整い次第発送していますので

今しばらくお待ちくださいますようお願いいたします

 

そして

其れがほぼ目途が付きましたら

今まで通りサロンでの細々とした販売を開始したいと考えています

どうぞよろしくお願いいたします

2020年5月6日

皆様おはようございます

本日一時よりサロンにてマスクの販売をいたします

しかし

いつも大勢の方が並んでお待ちになるのは

非常にリスクが大きいと思うため

今回は整理券をお配りしようと思います。

一時のオープンまではお食事をするなり休憩をして頂いて

同じ場所で過ごすことはご遠慮ください

またサロンでのマスク販売は本日をもって

しばらくお休みにさせていただきます

材料の欠品、注文したものが届かないなど

マスクの製作が出来なくなっています

今後は今まで通りゆっくりと販売できるよう

準備をしたいと考えています

本当に有難うございました

マスクの販売について

この度は毎日放送のミントに取り上げられることになり

放送終了後からたくさんの方にお電話を戴き、出ることもままならず

失礼なこととお詫びいたします

今はオーダーを受けることも出来ずストップしております

既にオーダーしていただいた方には

頑張って出来るだけ早く送りたいと考えておりますが

何分一人で作っておりますので時間がかかり

もうしばらくお待ちいただくことになりますこと

ご理解くださいますようお願いいたします。

 

サロンに直接買いに来られる方にも

ご迷惑をおかけしております

毎回60枚くらいしか販売することが出来ず

早くから並んでいただいてもお渡しできないこともあり

大変申し訳なく思っております

次回の販売日は

5月6日(水)の午後1時を予定しております

 

また販売日時は随時このHPにてお知らせいたします

ちょっと覗きたくなるサロンです

手作りを愉しむ

小物からしっかりしたバッグまで、ミシンを使い、またひと針ひと針手縫いをすることで、世界に一つしかない作品ができあがります。それらが売れた時の喜びはひとしおですね。作ることの喜びを是非体験しましょう。

お喋りもしたい

人が集まれば、そこには笑顔が溢れます。知ってる人も知らない人も、サロンに来ればみんなお友達。お好きなお茶を飲みながら、おしゃべりに花を咲かせませんか。

販売もしています

サロンの2階の展示室はショップになっています。

手作りの可愛い物が所狭しと並んでいます。ちょっとプレゼントを探している時、ありきたりのものじゃなく、手作り感のあるものをと思われたら、ぜひとも一度覗いてみてください。「こんなの探してた~」と言うものが見つかるかもしれませんね。


3月定例会🎎

まさかこんなことになると誰が想像できたでしょうか?

中国から発生したコロナウイルス肺炎、あれよあれよと言う間に全世界に広がりつつあります。

世の中は疲弊し、あれもだめ、これもだめ、家でじっとしていてくださいと国からのお達し

でも、サロンは健在です。いつも通りメンバーが集まって楽しくも優雅な時間を過ごしました。

熟年パワーはやはりすごいものですね。

お喋りをし、大声で笑う、これ程健康的な時間はお金では買えません。

そして、いつもの通り「短歌の会」これがまた素晴らしい!!

今日も皆さんの珠玉の作品を全てご披露いたします。

①見送りて 日が一回り巡り着て 失いし物の大きさ想う

②今は冬? 生ぬるい風に季節なく コロナとともに春は過ぎゆく

③シュンシュンと 火鉢に薬缶の湯が沸いて 朝餉の時間母の呼ぶ声

④憂鬱な ニュースが巷にあふれ出て 心の置き場所探して迷う

⑤三年生 一人で挑む入院も 読書にゲームちょっと楽しく

⑥迫りくる どこかの国のウイルスに 春の予定も危ういかな

⑦流れ来る 梅の香りに誘われて 中山梅林散策す

⑧つばめ塾 孫の世代に教え乞い 歳を重ねてまなぶは楽し

⑨境内に 琴が奏でる旋律は 梅の開花を讃え歓ぶ

⑩懐かしむ 桃の香匂うひな祭り かしまし飾る母、姉、私

⑪夜明け時 貸農園に煙立ち 笑顔の先に実る作物

⑫ディナーショー 亡き人重ね涙する タップで歌う花のステージ

 

以上12首 季節を詠み、時事を詠み、心を歌う珠玉の逸品ばかりです

また次回まで楽しみながら心を三十一文字に託しましょう。

 

今日のランチはサロンの近くにある知る人ぞ知る有名なイタリアンレストランに行きました。

薄い生地のピザがとても美味しかったです。

 

次回の定例会は4月28日(火) ランチはこれから考えますのでお楽しみにね。

今度お会いするときには平穏な日々に戻っていますように!!

令和2年の新年会を兼ねて

令和2年が始まりました。

年の初めから異常気象で今日なんて4月の陽気19度でした。

サロンの定例会、今日のランチは近くの普通の民家で家庭料理のお店

身体にとても優しい素材を使い、お味も薄味でなんかホッとする思いでした。完食しても身体は軽くこの後甘いものが抵抗なく食べれました。

今回は短歌の会から新しいお友達が参加してくれました。

新しい風が吹き込んだような気がしました。

それでは今回も素敵な短歌をご紹介いたしますね。

① 眩しきは 空の青さと雪の白 いずれも輝き 新玉の朝

② 葉の落ちた 落葉松に咲く雪の花 新年祝う つづれ織り

③ 繋ぐ手に ときめきはもうないけれど 一緒に歩む道は愛しき ④ わが友は 見送りし夫のベスト着て 捨てられへんねんと 言う声優し

④ 人々が 銀杏並木の沿道で おめでとうの大歓声  ⑤ 今日もまた 思いついたの連発で 次々できる 珍作品

⑥ どれにしよう 家中響く笑い声 みんな集まれジャンケンポン  ⑦ 雨戸開け 朝焼け燃ゆる茜色 しばし見惚れて 涙があふる

⑧ 庭先に クリスマスローズ花芽付き 楽しみ癒され 朝の日課

本日初参加の人の一首 ※ 背を押され 短歌の集い初参加 はやる心は フフッ恋のよう  とっても素敵な歌ですね、次回が楽しみです♬

私が初参加のえっちゃんに贈る歌 ※ 病みてなお 案ずることは妹の 健やかなれと 兄は願いて

以上今回もそれぞれの気持ちが伝わる素敵な歌会になりました。

 

次回の定例会は 3月3日(火) お雛祭りの日の女子会になります。

元気でお会いできるのを楽しみにしています。

令和元年師走の定例会☆

光陰矢の如しとはよく言ったものですが

今や「矢」ではなくピストルでしょうか?

今年もあとわずかとなりました

恒例の定例会が順調に開催されてきたことは

皆様のおかげと喜んでいます

今日は忘年会も兼ねて近くの串揚げレストランへ行きました

目の前で次々と揚げたてがいただけるのは

本当に美味しくて

特に主婦にとっては油物は外で食べると嬉しくなりますね

 

この後はいつもの短歌を詠む会です

驚くほどに皆さん楽しんでくださるのが不思議なくらいです

折り句の時より短歌の方が心が伝わる分楽しいですね

ではすべてをお届けいたします

 

①庭先で わが身の丈を追い越して 自慢げに咲く 皇帝ダリヤ

②朝寒く 夜露に濡れる秋の庭 何を思うかハンカチの花

③寒い朝 朝日を浴びる山間を ハラハラ落ちる 赤 茶に黄色

④遠くにボロブドゥールの遺跡を眺め ゆっくり流れるアマンジオの空

⑤ボロブドゥール 夫と旅した地に立ちて 歳を重ねて蘇る思い

⑥初雪を 愛でて交わした盃を 並べて偲ぶ白き富士山

⑦もみじ映え 青空高く風澄みて 君とめぐりしウォーキング道

⑧御仏に見守られつつ石段を 登りて嬉しボロブドゥール

⑨腕を組み カメラに向かいハイポーズ 異国の民の笑みは優しき

⑩冬寒の 明け来る空は鉛色 雲の切れ間に小春日を見る

⑪群青の 空越え機上の人となり われは異国へ胸躍らせて

⑫病む我を 気遣う夫(つま)の背中にも 老いが潜みし冬の朝なり

⑬改元の 「令和」となりし今を生きる 明日は憂えず 今日を愉しく

 

以上13首

今回は参加者のうち3人がインドネシアに旅行したこともあり

それにまつわる歌がいくつかありました

次回はもう令和2年になります

 

2020年1月28日(火)

お食事は新年会になるのでまた美味しいところを

探しておきますので

皆様奮ってご参加くださいね

 

それではこの一年もいろんな形でご支援いただき

心から感謝申し上げます

年の初めに夫を亡くしこの後どうなるかと心配しながら過ごしました

しかし、こうして元気に楽しい時間を共有してくださる方たちに

支えられていることを実感し

また頑張りたいと思います

どうぞよろしくお願いいたします

有難うございました

🍂神無月定例会

今年の夏から秋への移り変わりは台風がもたらした雨の被害が

あまりにもすさまじく驚くばかりでした

被害にあわれた人たちのことを想うと言葉もなく

ただただ一日も早い復旧が進みますように祈るばかりです

定例会でもその話が出て皆さん心を痛めていました

 

今回は遅くなりましたが新米を食べる会となり

みんなで一品持ち寄り会でした

どれもこれも美味しくてたわいもないことを喋りながら過ごす幸せをかみしめました

 

食事の後はいつもの短歌の会です

今回も全て載せることにいたします

 

① 被災地に 吹く秋風 肌を刺し 見上げる月に祈り重ねる

② 笛を吹き ピアニカ鳴らす少年に 幼き我が子重ね和みて

③ 灯り消し 月の光で書を読めば 昔の人に思い重なる

④ 雨粒が 転がり落ちる花びらの 揺れて奏でる秋の音

⑤ 父母の 生まれ月なる神無月 想いを馳せて栗の皮剥く

⑥ 受話器から 明るさ装う友の声 気遣いながら 近況を聞く

⑦ 日々思う 車走らせ夫の元へ 武庫のコスモス涙でにじむ

⑧ 知人より 贈られし鮎 思い出の 小鹿田の器で 夫を偲ぶ

 

以上8首でした歌を詠むって本当に楽しい

難しいけれど自分の思いが三十一文字にはまり込んだ時嬉しくなります

また次回まで楽しく詠みましょう

次回の定例会は忘年会を兼ねて楽しい時間を過ごすことになりました

12月10日(火)午前11時から午後2時ころまで

食事など詳細はこれから考えますので参加できる方は

ためらわずに一歩踏み出してくださいね

 

 

☽9月の定例会

9月18日(水)9月の定例会

暑い夏もどうやら秋にバトンを渡してくれたようです。

日中は動けば汗ばみますが、朝夕は気持ちよく夜長を楽しむ季節になりました。

そんな中、今日はいつものサロンの定例会を開きました。

まずは腹ごしらえからと言うことで、サロンから歩いて数分のところにあるお蕎麦の美味しい店に行きました。

慌てて食べたので写真を写せずすみません。

冷たいお蕎麦の天ぷらそば定食、温かいお蕎麦の揚げ餅入り、皆さん満足の様子でした。

サロンに戻ってからは「短歌を詠む会」の第三回目です。全部ご紹介いたします。

 

夢を見る テニスコートにいる私 輝く顔に汗ほとばしる

蝉しぐれ 息子と歩む良き時間 西国巡礼結願する

幼子を 残して旅立つ胸の内 通夜の帰りに見上げる星空

彼岸花 カメラを向けるその姿 探し求めて穴太寺辺り

初めての 主なき田に黄金(おうごん)の 稲穂重なり秋風に立つ

刈り終えし 広々とした田を見れば 万感胸に迫るものあり

車椅子の 夫の笑顔に安堵する 人気もまばらな午後の病棟

「出来たよ」と 笑顔で集まる園児たち その手のひらに折り紙の百合

 

以上8首すべてご披露いたします。それぞれの思いが込められた歌には、喜びや悲しみがにじみ出て情景を読み取ることが出来ます。上手とか下手とかではなく自分の気持ちを31文字に詰め込むことで詠む人の心に何かが伝わればいいですね。

 

次回の定例会は「新米を食べる会」にいたします

おかずになる物何か一品持ち寄り、ワイワイガヤガヤ楽しみましょう

 

10月29日(火)11時ころから

どなたでもご参加ください

連絡は090-1670-5214さつきまで

文月定例会☔

梅雨が明けたとたんに猛暑に見舞われている

急な暑さに身体がついて行けない

そんな中いつものサロン定例会を迎えました

今回のランチはいつもと違うところのしようと思ったのですが

月末と言うことでどこもお休みか満席

こんな時は近くの中華料理の店「堂記」が良い

あっさりした広東料理でランチを戴く

量もお味もこの暑さの身体には優しい

 

サロンに戻って短歌を詠む会を始める

今回は詠み人が自分で読み上げ

その思いを伝えると言う進め方にしました

どれかを選ぶのではなく

みなさんが詠んだ歌を披露したいと思います

 

◎この季節 亡夫と訪ねた紫陽花寺 般若心経唱える二人

◎老猫の 仕草可愛い和む日々 どんな時でも私のそばに

◎献立を 考えながら駅に降り 家路を急ぐ夏の夕暮れ

◎また来週 手を振りあって別れたる 友は七十路 我も七十路

◎幼子の 身振り手振りの歌声に 微笑み増えるバスの中

◎足元を 彩る紫陽花群れを成し 里山見下ろす空中散歩

◎蝉の声 聞けば懐かし幼き日 兄と走った夙川の土手

◎母の手に 抱かれることなく逝きし子に 父と戻れよ灯り目指して

 

以上12首が詠まれました

折り句と違って思いがぎっしりと詰まった三十一文字

どれも心を-打つ歌でした

 

この後はコーヒーとケーキ

アイスクリームなどを戴きながら

取り止めのない話に身も心も和らぐ時間を過ごしました

 

次回は9月18日(水)に決まりました

 

この場を借りて8月のサロンの予定をお知らせいたします

夫の初盆を迎えることもあり

8月11日から18日まではお休みさせていただきます

26日、27日、28日も都合でお休みいたします

勝手をしますがどうぞよろしくお願いいたします。

それ以外の日でしたらお電話を戴きましたら開店しますので

遠慮なくご連絡くださいますようお願いいたします

090-1670-5214

 

水無月定例会☔

西日本だけが取り残されたかのようにまだ梅雨入りはしていません。

しかし、くっきりとした青空になるのではなく晴なのか曇りなのかよくわからない毎日です。

そんな中定例会がいつものように開催されました。

皆さん元気で集まってくださりとても嬉しい一日でした。

 

今日のランチは、どこに電話をしても定休日であったり、満席だったり(*´ω`*)

そこでサロンから歩いて5分くらいの和牛を使ったハンバーグやさん、ここは二度目です。

180グラムのハンバーグに大きなエビフライ、同じく180グラムのハンバーグに蟹がたっぷりのクリームコロッケのランチにしました。こんなに美味しいハンバーグが出来るのかと思うくらいに美味しい!!

みんな大満足でした。

 

この後はサロンに戻ってお茶をしながらの「句会」今回から折り句ではなく「短歌の会」にしました。

14文字増えたことがさてどうなるやら、皆さん苦労したと言われましたが、いつものようにふたを開けると

それは魅力的な句が並びました。

全句ご紹介いたします。

① 満天の 星の一つに魅せられて そちらはいかが?と語り掛け

② 落葉松の 天辺に光る星一つ 消えることなく 見つめられ居り

③ 一人来て 芝生に遊ぶ小雀の 飛び立つ背に 思いを託す

④ 短歌詠む 術も忘れた年月を 手繰り寄せ見る 長き道のり

⑤ 白く咲く 古代つつじを愛でて知る 在りし日君も そこに微笑む

⑥ ありがとう きれいな心の言葉です 天国のあなた ありがとう

⑦ 膝傷め ラケットクラブ封じ込め 方向転換模索中

⑧ ボケ防止 ポンチーロンと声弾む 仲間と集う健康マージャン

⑨ 庭に咲く 色とりどりの紫陽花も 雨が降るのを 今か今かと

⑩ 宮入の ダンジリ囃子鳴り響き 屋根で若衆 舞い踊るなり

⑪ 笑顔良し 両のえくぼは神様が 愛してくれるしるしだよ

 

以上11首でした。素敵でしょう?(*^。^*)

 

次回の定例会は7月30日(火)です。詳細はまたお知らせいたします。

イベントのお知らせ☆

カボチャ型バルーントートバッグ☆

サロンで今一番の売れ筋バッグです。

勿論私たちも自分で使っていますが、これがまた使いやすい。

大きな方はたくさん入るのに重さを感じさせない、これは持ち手の長さとバッグの形から来るものです。

大判のストールもレインコートでも入るから便利。

これはちょっと大きすぎる、と言う方のために80%の大きさのものを作りました。

可愛くて便利で、私は二つを使い分けながらお出かけを楽しんでいます。

大きな方が4500円、小さな方が3500円です。

花の季節の定例会🌸

今年も春と言う季節が短くなりそうだ。

いつまでも肌寒い日が続き着るものに困ります。そんな中サロンの定例会を開くことが出来ました。

今回のランチは車で5分くらいのところにあるイタリアンのお店です。

お腹いっぱいになりサロンに戻って「折り句の会」、今回のお題は3月の予定を変更しましたがお題はそのまま「やよい」で考えることになりました。

全部で11首揃いました。

①休まない 夜のコンビニ 犬連れて

②山椿 夜道を月に 誘われ

③病む人に 寄り添いし日々 慈しむ

④山里に 寄せる恋しさ いつの日も

⑤痩せたいと ヨガに体操 今一つ

⑥安らかに 黄泉の世界の 居心地を

⑦病捨て 黄泉の国へと 逝きし夫(つま)

⑧やるせない 夜半の物音 今もなお

⑨病みてなお 良き笑顔見せ 潔さ

⑩安らぎと 寄り添う日々に 生きる糧

⑪約束は 夜空に輝く 一番星

 

以上11首いつものようにどれも詠み手の心が通う作品でした。

 

メンバーからの提案があり、次回は折り句ではなく自由に心を詠む「短歌」に挑戦することになりました。

字数が増える分、思いを詠みこむことが出来るので楽しみです。

 

次回は「青葉が濡れる定例会」 6月12日(水曜日)と決まりました。

皆様の参加をお待ちしています。

平成最後の年明け定例会☆

平成最後と聞くたびに何やら慌ただしく感じる新年も明けてもう2月に入りました。

いつもサロンを支えてくださる人たちと最初の定例会を開きました。

今回のランチはサロンから徒歩5分ほどにある中華料理のお店「堂記」、さっぱりしたお味のお気に入りのお店です。

スープ、前菜、4種盛り合わせ、ご飯、デザートは本格的マンゴウプリン♬サロンに戻って天然麹の甘酒、お菓子色々が待っているのでこれくらいがちょうどよい。

 

さて恒例の折り句会、今回のお題は「てがみ」難しい難しいと言いながら披露された11首はどれも本当に秀逸でした。

皆さんの票の多かったものから6首を紹介いたします。

 

手足冷え 硝子戸の外 みぞれ雪

手を包み 通うぬくもり 身にしみて

手つかずの ガラクタ捨てて 未練なし

天空に ガリレオも見た 三ツ星を

手作りに 感性豊か みな笑顔

手ごわいぞ 勝って拓ける 未来道

 

次回の定例会は3月20日(水)に決まりました。

折り句のお題は「やよい」 素敵な句を楽しみにしています。

大変申し訳ありませんが今月の定例会は中止させていただきます。

春爛漫の4月17日(水)に改めて定例会をいたしますのでよろしくお願いいたします。

折り句のお題はせっかくですのでそのままにしたいと思います。

 

この場を借りてお知らせを一つ

2月23日(土)AM10時から川西アステぴいぷう広場にて手作り市に出店いたします。

この日に川西に足を運んでくださった皆様、本当に有難うございました。

 

 

 

12月定例会 忘年会を兼ねる☆彡

早いもので2018年もあと半月ほどで終わろうとしています。

信じられない暑さの夏、短い秋、押し寄せる台風、地震などに振り回された一年でした。

そんな中でもゆっくりと地道に歩み続けたサロンの日々、いろんな人たちに支えられて頑張っています。

今日は今年最後の定例会を六甲保養荘にて温泉に入り、食事をして過ごしました。その後はサロンに戻って恒例の「折り句の会」、そして今回はあみだくじを楽しみました。

いつものようにみなさんが詠んだ折句の紹介をしたいと思います。全部で11首 お題は「シニア」

人気の句から順番にご紹介いたします。

 

◎知らぬ間に 似てきし母の 後たどる

◎新生児 似てる?似てない? あやすパパ ◎新米の 匂いふっくら 朝の卓 ◎白鷺が 2羽舞い降りぬ 芦屋川 

◎しわ数え 似あわぬ服に 焦り泣く ◎勝負時 忍の一文字 明日に向け ◎知るほどに にじむ心の 愛深く

◎幸せを 日記に書きて ある日思う ◎四季愛でる 日記したため 明けを待つ ◎鹿寄りて 庭の草花 哀れなり

◎新雪で 庭を覆うも あと少し

以上11首でした。どれもそれぞれの思いが込められた素敵な折り句でした。

次回のお題は「てがみ」最近は手紙を書くことも少なくなり寂しい限りです。ラブレターをメールでなんて面白くないと思うのは私たちの年齢だけかしら?

 

次回の定例会は2019年2月6日(水)と決まりました。詳細はまたお知らせいたします。

 

皆様どうぞよいお年をお迎えくださいますよう、来年もよろしくお願いいたします。

10月定例会☆

長かった夏が終わり、台風に振り回されながらもようやく秋を迎えました。今月のサロンの定例会は、毎年恒例となった「新米を食べる会」です。参加者がそれぞれおかずを一品持ち寄って楽しくおしゃべりをしながらひと時を楽しみました。

 

メニューとしましてはうまい具合にバランスが取れた内容になりました。鶏とジャガイモ、茹で卵をプルーンを添えて煮込んだもの。玉ねぎニンジンソーセージなどいろんなお野菜を入れたポトフ、生野菜が食べたいと言うリクエストに応えてくださってたっぷりのサラダ。お口汚しにサツマイモを使ったきんとん、お漬物、メロンとマスカットのフルーツなど、本当に盛りだくさんのランチになりました。

そしてもう一つ最高のご馳走(?)は埼玉県からサロンの定例会に参加したいと言って片道5時間をかけてきてくださった倫子さん、有り難くて嬉しくてみんな感激でした。

 

そして食後はいつものように「折り句の会」今回のテーマはテニスでした。難しいと言いながらも14首が詠まれました。

今回はピックアップさせていただきます。

テスト済み ニッコリ笑顔 素敵だね

でっかいぞ 握る母の手 好きなんだ

手習いは 忍耐あるのみ スマートフォン

寺静か 尼僧の所作の 姿よし

手は紅葉 ニッコリ夢見 すこやかに

天に月 庭で虫鳴く スコッチ飲む?

 

この中でが付いた2首が選ばれました。

 

さて次回の定例会はもう12月忘年会を兼ねることになりました。

12月12日(水) 車で10分くらいのところへ食事に行き、その後サロンに戻って「折り句の会」をします。

お題は「シニア」です。皆さん奮ってご参加くださいね。

 

倫子さん、本当に遠いところお出かけくださって有難うございました。

9月定例会☆

今年の夏は本当に暑くてどうして日々過ごそうかと思いました。

しかしやっと朝夕に涼しさを感じ秋の訪れを待てるようになりました。

 

久しぶりに顔を合わせても出る言葉は「今年は暑かったね~~」です(+o+)

今日はランチはサロンから歩いて5分ほどのところにあるレストランに行きました。

次々と焼き立てのパンが出ることに恐怖を感じながらもあまりにも美味しくてお替りを何度したかしら(*^。^*)

 

お腹もいっぱいになりサロンに戻って「折り句の会」

今月のお題は「なかま」でした。これが意外に難しくて皆さん苦戦したようです。

今回も全員の句を紹介いたします。

 

① 亡き母の 形見を胸に 枕抱く  ② 泣き顔を 鏡に映す 窓ガラス

③ 泣き虫を かばう兄貴の 真顔見て  ④ 何故と問う 観察疲れ 孫眠る

⑤ 夏休み 帰るふるさと 待ち合わせ  ⑥ 長い夢 帰り道さえ ままならず

⑦ 波打つ穂 刈り入れ近し 曼殊沙華  ⑧ なりすまし 金を渡すな 真に受けて

⑨ 泣きたい日 カフェでゆったり 抹茶ラテ  ⑩ 波寄せる 返すを追って 孫はしゃぐ

 

どれも本当に心に滲みる折り句でした。中でも7番の「波打つ穂 刈り入れ近し 曼殊沙華」は

この季節にぴったりの句でした。

 

次回の定例会は「新米を味わう会」になりました。

10月24日(水) 簡単なもので良いので1品持ち寄りになりました。

食後のフルーツは引き受けてくださる方がおられますので、皆さんは何か考えてくださいね。

 

そして、次回の折り句のお題はスポーツの秋と言うことで「テニス」に決まりました。

まだまだ時間がありますのでじっくりひねってくださいね。

それではまたお会いできる日を楽しみにしています。

☆手作りマーケットに出店

9月15日土曜日 JR尼崎駅近くのアミング潮江商店街が主催する手作り市「楽市楽座」に初出店してきました。

地元の人たちと漫才のような会話をしながら楽しい時間を過ごしました。

ほとんどの人がとにかく「値切る」それも対面での買い物の醍醐味かもしれないなと思う。

次回参加の時は作戦を練ってこの地域の人たちに喜んでいただけるものを作って行こうと思う。

何とか雨にも耐えて終えることが出来ました。

7月定例会を終えて🍺

連日の暑さに皆、口を開けば「この暑さ半端ないよね~」です。

それでも元気に集まってくれました。

今回は出かけることを回避して、美味しいお弁当を配達してもらうことにしました。これがまた大正解で、涼しいお部屋でお喋りをしながら過ごす時間は本当に楽しいものでした。

このお弁当もそれはそれは美味しくて、吟味された材料に程よい味付け、量、どれもが満足でした(^^♪

 

そしてその後は恒例の「折り句の会」が始まりました。

今回は1週間前になって、お題が去年も出たのではないかと言うことに気づき、急きょ変更したのです。

皆さん「え~~~っそれはないわ、どうしよう・・・」

しかし、ふたを開けるとこれがまたどの句も素晴らしくて驚きました。

全句ご紹介いたします。お題は「はなび」でした。

「晴れ渡る 夏空高く 飛行雲」 「半分こ なんでも今は 控えめに」 「華やかに 夏の夜空に ひらく夢」

「畑終えて 夏の暑さに 美人の湯」 「晴れやかに 仲間と集う 美男美女」 「初恋に 涙浮かべて 人思う」

「鱧おどる 長刀鉾の 美術館」 「繁華街 中通り抜け 美術館」 「橋の下 ないてる子犬 びしょぬれて」

「はにかんで 何か言いたげ 枇杷の花」 「早起きと 和む会話 美の秘訣」 「鱧しゃぶに 夏の暮らしの 日々思う」

 

今回のお題には「な」が入っていたので、やはり暑い夏の表現が多かったですね。

季節を詠み、心を詠み、17文字にすべてを託す頭の体操

さて次回のお題は「なかま」と決まりました、皆様よろしくお願いしますね(^^♪

場所はまたお知らせいたします。

6月定例会を終えて☂

梅雨の合間を縫って定例会がありました。

11時過ぎに集まっていただき、サロンから徒歩で7分くらいのところにある「和牛ハンバーグ専門店」に行きました。

私自身まだ行ったことがなくちょっと不安でしたが、店内も適当な広さでこぎれいな感じがしました。

メニューはランチの一つ「和牛ハンバーグとミニステーキのセット」にしました。

鉄板の上でジュウジュウ焼けるハンバーグの香ばしい匂いに思わずお腹が鳴りました。

 

ハンバーグにお箸を入れるとジュワ~~っと肉汁がこぼれだし、それはそれは美味しいでした。久しぶりに唸る美味しさを味わいました。満足感に浸ってサロンに戻り、おしゃべりをしながら「折り句の会」

今回のお題は「たうえ」でした。今回もどれも素晴らしくて全部ご披露いたします。

① 黄昏て 運命のまま エンドロール  ② 他愛ない 嘘をつく子の 笑みかわい  

③ タイガース 打って走って エンドラン  ④ 宝塚 うるわし乙女 笑みこぼる

⑤ 誰もみな 美しくあり エイジレス  ⑥ タックルで 運命かえた エンドゾーン

⑦ 食べ過ぎて うっかりサイズは LLに  ⑧ 田の神を うやまい踊る 縁の日に

⑨ 宅配で うまみ届ける 笑顔まで  ⑩ 達つ佳き日 うれし涙で えがく道

 

いじょう10首でした。一番人気は2番の 他愛ない 嘘をつく子の 笑みかわい でした。

次回のお題は「ゆかたです、頑張ってひねって下さいね。

突然で申し訳ありませんが、折り句のお題「ゆかた」はすでに使ったことが分かりました。

そこで急きょではありますが「はなび」に変更いたしました。

あまり余裕がありませんがどうぞ頑張ってひねり出してくださいますようお願いいたします。

 

次回の定例会は7月18日(水)です。場所などはまた決まりましたらお知らせいたします。

今回は連日の猛暑で出かけるのも暑いかと思い、ちょっとしたお弁当を配達してもらうことにしました。

涼しいサロンでゆっくりした時間を過ごしたいですね、お待ちしております(*^。^*)

 

 

4月の定例会を終えて☆

 

 サロンの定例会、今回は阪急電車売布神社駅から徒歩5分のところにある「OKINA]と言うとても素敵なお店でした。入口までのアプローチに植えられた花たちが、私たちを出迎えてくれました。

そしてランチがまたとても美味しい、手作りのミンチカツとたっぷりの野菜、旬のタケノコご飯などどれも本当に優しくて美味しいでした。

お腹もいっぱいになり、そこからまた少し歩いてサロンのファミリーのHさんのお家にお邪魔をし、折り句の会をしました。今回のお題は「かすみ」とても難しく皆さん苦戦をしたと言われましたが、ふたを開けるとそれは素晴らしい作品ばかりでみんな驚きました。

その中から数首ご披露いたします。

加齢でも すっきり描こう 未来図を

カリヨンの 澄んだ音色が 耳を打つ

観音像 救いの心 御仏に

カフェテラス 素敵な時間 ミルクティー

カモメ舞う 過ぎし思い出 港町

 

次回の定例会は6月13日と決まりました。場所などはまだ未定です。

折り句のお題は「たうえ」どうぞ素敵な句をおひねり下さいね。

 

 


サロン2月の定例会が終わりました☆

 

 

年が明けてから初めての定例会が終わりました

今回はサロンから歩いて5分くらいのところにある

民家を使って主婦の手作り料理のお店でした

お昼のランチは一つしかありません

お盆の上に昔の懐かしい食器が並び

優しいお料理が目にも身体にも滲みるようでした

ごぼうと人参こんにゃくインゲンの煮つけ

人参のグラッセがとても美味しかった

 

ゆず味噌の和え物

色んな具がたくさん入った春巻き

お味噌汁

かぼちゃと小豆の煮物

ごはんとお漬物

 

そして懐かしいフィンガーチョコレートと

レモンケーキとクッキー一つ

コーヒー

 

私は十分満足でした

これで1300円は安い

この後はサロンに戻って 「折り句の会」

お題は「こうめ」

 

少し抜粋して載せますね

合格の 嬉しさ踊る メール飛び

この一手 打つも守るも 名勝負

子ら見つむ 美し笑みの 夫婦雛

これからの 移る季節に 目は涙

こうのとり 生まれしわが子 めでる愛

 

面白い句に涙して笑い、和気藹々の時間は本当に貴重な安らぎとなりました

 

次回の定例会は

4月11日(水)

詳細はまたお知らせいたします

 

折り句のお題は「かすみ」です

また頑張って文字を並べましょう

 

 

一閑張の講習日☆

日本列島が寒さに震えた日、サロンでの講習会は「一閑張でマガジンBOXを作ろう」でした。

ちょうど良い大きさの段ボール箱を用意して、そこに和紙をペタぺてと貼っていきます。

この和紙は着物のタトウ紙を使いました、着物はリメイクし、タトウ紙はもったいなくて捨てられなかった物

50年以上前のものですから、本当に手漉きの上質の和紙でした。

 

お喋りをしながら手でちぎり、この時和紙はハサミでは切りません。切り口がシャープでは面白味が出ないのです。

水で伸ばした不糊をはけで塗りながら何度も重ねて貼り付けていきます。

途中昼食休憩を挟んで、その間は庭に出して乾かしながらまたペタペタと丁寧に仕上げていきました。

 

こうして数日乾かします、十分に乾いたら次は柿渋液を塗り重ねます、今日はここまでと言うことで、次回また楽しく続きを致しましょう。お疲れ様でした(*^^*)

 

2017年サロン忘年会☆

12月20日(水)神戸酒心館「さかばやし」にてサロンの忘年会を開催しました。

遠くは愛知県からも参加してくださり、とても賑やかでありながら穏やかな楽しい時間でした。

 

ゆったりとした個室を予約していただき、吟味された素材による秀逸なお料理がタイミング良く運ばれてきました。

皆で和気藹々と話しをしながら、利き酒なども試しながら時間は過ぎていきました。

 

途中で「折り句の会」を開きました。

今回は全部で17首が揃い、その中から一人1首を

選びました。

選ばれた中から6首ご披露いたします。

 

◎酒交わす 娘四十や いつの間に

◎小夜時雨 昔の人が いとおしい   ◎サンルーム 無邪気に遊ぶ いとし子よ   ◎最後まで 無言を通す 意地っ張り

◎サギ一羽 群れを離れて 居を正す   ◎叫びたい ムンクの絵の中 居る私

 

どれも本当に素晴らしいものばかりでした。皆さんの感性がじんじん響き、折り句の楽しみが増してきました。

次回は定例会での「折り句の会」になります。

 

このあとは皆さんが苦労をして持ち寄った交換プレゼント、くじ引きにしようかなど考えましたが、ジャンケン勝負が良いということになりました。皆真剣そのもので子供のように楽しそうでした。

この写真はそれぞれが戴いたプレゼントを持って写していただきました。

 

ここでお別れするのは心もとないので、にしむら珈琲に場所を変えてまたお喋り(*^^*)

来年の定例会の日を決めてお開きと致しました。

 

サロンを開いて1年半、本当に多くの方々に支えられての日々でした。

心から御礼を申し上げるとともに、また来年も楽しい時遊な空間を味わいに来ていただきたくお願い致します。

有難うございました。

 

来年の定例会は2月7日(水)場所はサロンでゆっくりしようと思います。

「折り句の会」のお題はこうめと決まりました。また捻りを効かせた句を楽しみにしています。

 

それでは皆様 どうぞ良いお年を向かえられますよう、そして元気でお目にかかれることを祈ります。

有難うございました。

 

 

 

☆ブラックフォーマルバッグ

一度も袖を通さず、躾がかかったままの喪服を解き

フォーマルバッグを作りました。

縮緬の優しさを損なわず、ふっくらと仕上げました。

 

ドクターズバッグ仕様にしたので、とても使いやすく

色んなものが入るので便利かと思います。

大切な瞬間に優しく寄り添ってくれるバッグです。

 

何点か作りますので、ご希望の方はサロンまでご連絡ください。一点6000円での販売になります。

真珠のブローチは付きません。

 

 

 

☆ニードルワーク教室

タペストリーの講座にお二人が参加されました。

針と糸を持つのはあまり機会がない、完全なスポーツウーマンです。

でも私が「出来ますよ」と言った言葉を信じて参加されたのです。みっちり3時間、一生懸命に慣れない手を動かしてくださいました。

きっちり仕上がるまでお供させていただきます。

完成の様子はまたお知らせいたします。

その喜びは本当に大きなものです(*^。^*)

 

台風が接近中の7日、2回目のお稽古に来られました。

家でも出来るところまでしてこられていました。この調子でいけばもう一度来ていただくと仕上がるのではないかと思います。

 

 

 

 

晒を切って両端を縫ったものにアクリル絵の具で絵を描きました。

紙のように筆が滑りませんが、それはそれで不思議な味わいが出ます。これは洗っても色落ちしないので私のキッチンでは花形選手です。

残り物を置いてる時にちょっと着せておけば、それだけで和みます。

 

好きな絵を好きなように、楽しい時間です。

どなたでも参加してください。

材料費とサロン利用料合わせて1500円です。

日時はご相談くださいね。


☆新商品のお知らせ

この度サロンで売り出すことにした「漁師の網たわし」です。

これは高知県の土佐で、地元のお母さんたちが、漁師さんが使った古い網を使って丁寧に編み上げたタワシです。

 

これがとても使いやすくて、キッチンのシンクや排水溝などもごしごし洗えて傷がつきません。

私は床の汚れを掃除しました。水を付けるだけで汚れを取ることが出来る、なかなかの優れものです、ぜひ一度お試しください。

 

価格は一つ500円 二つ購入していただくと送料は100円にいたします。1100円で家の中はピッカピカ

購入希望の方はお問い合わせからお申し込みください。

     

☆作業室にミシンを♫


過去のイベント情報☆

☆まち美アートマーケット出展 川西ピイプウ広場 2017年2月19日

2月19日日曜日

朝8時に会場につき、それから荷物を運びこみました。

一番いい場所を与えられたようです(*^。^*)

たくさんの作品を次々と並べていくのですが、とても全部は置けなくて

予備はテーブルの下に保管しました。

9時を過ぎるとチラホラとお客さんのような方たちが通ります。そして手に取って見てくださいます。

今までの手作り展とはちょっと雰囲気が違うような気がする。

 

そして10時になると大勢の人たちが集まってきて何やらとても忙しくなりました。

食事を交代するのも難しい感じで時間が過ぎました。

客層もファミリーや若い人が多くて、小物が人気でした。

友人や家族も大勢い来てくださり、本当に感謝です。

 

途中、舞台の方でイベントもあり賑やかでした。

6時まではとてもとても長かった、いつもいい加減に切り上げていた私にとっては

最長の手作り店でした。

色んな人に助けられ、またスタッフがいることの大切さを痛感し、これからの手作りの方向も少しわかってきた貴重な体験でした。

有難うございました。

またこれからも頑張りますのでよろしくお願いいたします。

 

☆お花見 2017年4月

今日はあいにくのお天気でしたが、予定通りお花見に出かけました。風が強く吹き飛ばされそうになりながらも、しっかりと桜を楽しみました。

この雨と風に打たれても必死で咲き続けている桜に小さな感動すら覚えました。

 

お食事処までゆっくりと歩いて行きます。

だんだんと雨脚が強くなり、ギリギリセーフでお花見が出来たことを喜びました。

お食事処で待っている人と合流をし、楽しい会食が始まりました。

お料理が運ばれる合間に折り句を書いてもらいました。

みんな「ちょっと難しかったね~」と言いながらも、味のある句ばかりでした。

今回のお題は「はなみ」です。

 

★とんぼ玉講習会の様子 2016年7月16日

とんぼ玉を使って、世界に一つだけのアクセサリーを作りました。

 

カラフルな色や自然な形の変化

どれをとっても魅力的なとんぼ玉

どんな紐をつけて、いや、鎖にしようか

間に小さなビーズを挟んでも可愛いかも

 

子供の頃に返って遊びました。 10時から始まり、午後からも教室は続きました

 

どちらもとても良くお似合いで素敵なネックレスが出来ました

 


布巾に絵を描きましょう

晒を使って掛けフキンを作ります。

そこにアクリル絵の具でちょっと絵を描けば、キッチンが明るく楽しくなります。

見本を見て描けば決して難しいものではありません。ぜひ一度挑戦してみてください。

 開催日はサロン開店日ならいつでも楽しんでいただけます。

 

参加費用 サロン利用料と材料費を合わせて1500円です。

持ち物 何も要りません。すべて必要な物はご用意いたします

Tea timeありますよ♫


SOLD OUT

サロン・ド・ソラーレ

 

OPEN AM9:00頃 close PM3:30頃

  • 定休日 毎週土曜日の午前中 後はかなり気まぐれですのでお電話いただくと嬉しく思います

TEL:090-1670-5214

代表:さつきいくこ